<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

頂いたカレンダー

  本年もあと2日間を残すのみとなり、今日は朝早くから、
  お掃除に余念がありません。
  お昼で一息つきましたので(まだまだやらねばなりません!!)、
      まず皆様にご挨拶を・・と思い
      パソコンの前に座っています。

  今年は友人方から手作りのカレンダーをいただき、うれしい思いでした。
  まずは オートシェイプや水彩画で素晴らしい絵をお書きになる
    はっちゃんから
e0029943_12141416.jpg

    ポエムのYさんから
e0029943_12145033.jpg

    デジカメを最初に手にしてカメラの手ほどきをして下さった
    Oさんから
e0029943_1216224.jpg

   どれも素晴らしい作品ばかりです。
   来年はこの頂いたカレンダーに楽しいできごとや、
   素敵な記念日を記すことができればいいなーと願っています。

   今年の7月にブログをはじめ、いろいろな方々に助言や励ましの
   ことばをいただき、何とか続けることができました。
   そして ブログを通じてみなさまとお話したり、楽しい情報や貴重な
   体験を拝見して 豊かな気持ちにさせていただきました。
   本当に お世話になりまして ありがとうございました。
   来年もよろしく お願いいたします。
e0029943_12205196.jpg

[PR]
by yyhuko | 2005-12-29 12:26 | 日々感じたこと

クリスマスイブーKHITWAA-

 KHITWAAをご紹介した後、marksさんから楽しい
   クリスマスイブの会のお誘いをいただき、
     ブログを通じてのお仲間が12,3名
        KHITWAAに集いました。
e0029943_11422236.jpg

e0029943_11495356.jpg

  さんが作られた数々のおいしいお料理をいただきながら、
  marksさんの奥様が弾かれるピアノに合わせて
    歌ったり、おしゃべりに花を咲かせ、
         楽しいクリスマスイブを過ごしました。

  今年の7月からブログを始めて 拙いながらも皆様に支えられ、
  またブログを通してこのような楽しいひとときを持つことが出来、
  ブログを始めて良かったとしみじみ思いました。

          みなさま ありがとうございました。
       今日1日 良いクリスマスをお過ごしください。
e0029943_1156245.jpg

[PR]
by yyhuko | 2005-12-25 12:00 | お出かけ

駒場バラ園

   私が小学生の頃、バラ好きの父に連れられて 何度か
   駒場にある「駒場バラ園」へ通った記憶があります。
   ピース、クリムスン・グローリー、 パパメイアンなどのバラが1本ずつ
   小さな庭に植えられ、当時は庭中がバラでいっぱいでした。
   
   父が亡くなり、わが家の庭からバラがだんだんとなくなり、
   「駒場バラ園」とは縁遠くなってきましたが、
   井の頭線から 満開の「駒場バラ園」を見るのが楽しみでした。
   特に春と秋は・・・。

   子供の手が離れ、またバラを庭に植えたくなり、5~6年前から
   友人と共に「駒場バラ園」へ、度々、通うようになりました。
   バラの豊富なことも魅力なのですがこちらの経営者、嘉代さん
   (人生の大先輩には失礼ながら)とお話をするのが楽しみのひとつでした。

   今月14日付けの朝日新聞
   「今年いっぱいで駒場バラ園を縮小する・・・」
   という記事が掲載されました。、道理で、最近、電車から見るバラ園の
   バラがすかすかになってきた・・・とは思っていました。
e0029943_222312.jpg

   今日 出かけてきました。
e0029943_22332269.jpg

   嘉代さんは新聞によると今年89歳だそうですが、とてもお元気で
   小柄な体をよく動かされて、片付けに余念がないようなご様子でした。
   ”縮小されても、まだバラは扱っていますよ・・・”と。
e0029943_2238446.jpg

   このバラを購入しました。
   「エブリンは比較的丈夫ですが、具合が悪くなったら、いつでも相談
    に来てくださいね」と穏やかな優しい口調でお話になりながら、丁寧に
   バラを包んでくださいます。株元に優しく肥料を置いて・・・。
   友と感激してしまいました。だから、嘉代さんのファンが多いのですね。
   お元気で いつまでもご活躍していただきたいと思います。

   

   
[PR]
by yyhuko | 2005-12-19 22:44 |

KHITWAA

      いろいろな場で活躍なさっている友人を
      ブログでご紹介するのはとてもうれしいことです。
    今回は今年7月に経堂のご自宅にレストランをオープンされた
    Tさんをご紹介します。

  Tさんは息子を通じての長年の友人ですが、パリでの生活が
  長かったせいでしょうか 衣食住の趣味が洗練されていて、
  お宅へ伺うたびに感嘆したものでした。
e0029943_2395428.jpg

  お料理がとてもお上手なTさんは長年の夢であったオーナー兼
  シェフを実現されたのです。 Tさんが作られる日替わりランチは
  優しいお味がとても魅力的で、特に香辛料の使い方が巧みだと思います。
e0029943_23142443.jpg

  今日、私がいただいたのは 「サラダ」、「かぼちゃのスフレ」
  「鳥のカレー煮」でしたが、これにおいしいコーヒをつけると
  1300円です。    ボリュームがあって お味も上々

  レストランの他にセンスのあるアクセサリーや洋服なども
  置いてあり、眺めるだけでも楽しいですよ。
e0029943_23342044.jpg


  毎月 イベント(講演やコンサートなど)やフラワーアレンジメントの教室
  が催されており、貸しスペースなどもあります。

  才気溢れるTさんの思いがいっぱい詰まった素敵な
  レストランへぜひ 足をお運びください。

  場所:  経堂駅 ピーコックから世田谷線へ向かって徒歩7、8分右側
  TEL&FAX : 03-3429-7777
  休日:  日曜日 月曜日
[PR]
by yyhuko | 2005-12-16 23:35 | 素敵なお店

映画

    素敵な映画を見ました。
    しかも、2度も・・・(忙中閑あり(・・。)ゞ テヘ)
    1度目は84歳の母と。
    2度目が夫と。
e0029943_1643454.jpg


    昭和30年代、東京タワーが建ち始めの頃の東京の下町が舞台です。
    氷を入れる冷蔵庫から電気の冷蔵庫へ。1部の家ではテレビ、
    洗濯機が電化されても まだまだ貧しくて、それでも人々が明るく
    一生懸命に生活している・・。 
    
    笑って、泣いて・・!
    2度目は泣かないぞ!と思ったのですが、だめでした。
    お隣の紳士は盛大に泣いていました。
    夫はこんなところで泣くかしら?と思う場面でハンカチを出していました。
    夫は芝の増上寺の近くで育ったものですから、東京タワーが
    出来る過程をリアルタイムで見ていたそう。
    1シーン、1シーンが懐かしくてつい涙が出たんですって!
    
    映画を見終わって、食事をしたところで私たちがプログラムを
    見ながら話をしていると、若いボーイさん曰く「あっ!この映画を
    ご覧になったのですか?僕も見て、もう ぐしゃぐしゃでした」

    見たあとは、誰に対しても”ありがとう”と言いたい気持ちになる・・・。
    そんな映画をもう1度見たい!!
e0029943_1628142.jpg

    (去年の12月11日 新宿御苑にて)
  
   

  
[PR]
by yyhuko | 2005-12-11 16:02 | お出かけ

猪俣邸

     もう12月7日。お正月に向けてカウントダウンが始まった
       ような気がしてきました。
        仲の良い友ともゆっくりと会うのは、だんだんむずかしく
         なるので、成城学園前駅のイタリアンでランチを取りながら、
          おしゃべりに花を咲かせました。
 友と別れた後、もう少しゆっくりしたいと思い、猪俣邸へ・・。
e0029943_20331450.jpg

 ご存知の方も多いと思いますが、ここは、建築家の吉田五十ハ氏が
 設計した個人住宅で、武家屋敷風の趣がある数奇屋造りの建物です。
 平成8年に世田谷区へ寄付されて、世田谷トラスト協会が管理しています。
 吉田五十ハ氏の設計で有名なのは、「玉堂美術館」や「五島美術館」など
 でしょうか。
 日本庭園のスギゴケは京都から移植したもので、6回めで
 今の状態のように美しくなったようです。光悦垣と共にこの
 庭の魅力のひとつですし、四季折々の花々がみごとに配置されています。
              スギゴケは今が1番美しいそうです。
e0029943_21491056.jpg

 今日 来てみたのには、これがもうそろそろかしらと思ったのです。
e0029943_20502820.jpg

 「雪吊り」・・・・今年の2月の写真です。
 日本庭園の雪吊りの風景はいいですよね。雪でも積もったら
 最高の景色になるでしょうね。
 今月の14日の夕方には見ることができるようです。

 こちらを管理をなさっている方々とのお話(建物のことや庭など何でも
 質問に答えてくださいます)がまた楽しみのひとつで、
 私は今年3回めなのですが、顔を覚えていてくださり、おみやげに
 カリンの実をいただきました。
e0029943_2124019.jpg

 ”薄く切ってはちみつにつければのどに良いですよ・・・”と。
 帰りにはちみつを買い早速漬けることにしました。

 ☆ 開園時間   午前9時30分~午後4時30分
 ☆ 休 演 日   月曜日と年始年末(12月28日~1月3日)
             月曜日が祝日の時はその翌日が休園日
 ☆ 小田急線 成城学園前駅 北口より徒歩5分
 
 

More
[PR]
by yyhuko | 2005-12-07 21:25 | お出かけ

久々の都会

昨日まで小春日和が続き、青空を拝めるしあわせを
しばらく感じていましたが、今日はしとしと雨のなか、気温
もぐっと下がり、外を歩くと思わず首を縮めてしまいます。

夫の親戚が銀座のデパートで個展を開いていますので、
毎年の慣例として見に出かけました。
益子の陶芸家で、今年、86歳になります。かくしゃくとして、
創作意欲も衰えることなく、今年の5月にはイギリスで個展を
開くほど元気に活躍しています。今年も元気な姿に接することが
でき、うれしい思いでした。
e0029943_1920043.jpg

帰りにはミキモトのクリスマスツリーをみるのが楽しみ。
e0029943_19275978.jpg

そのまま東京駅の丸ビルまで、足を伸ばしました。
e0029943_194727.jpg

丸ビルを出たところでは雨のなか、”ミレナリオ”の準備が始まっていました。
銀座も丸ビルもにぎわって、人々の表情にも明るさを感じ、
ボーナスが出たのかしら、景気も上向き始めたのだと思いながら
帰ってきました。
[PR]
by yyhuko | 2005-12-04 19:36 | お出かけ

冬いちご

  暦の上では いよいよ師走に入り、あれもしなければこれも・・と
   気ぜわしくなってきました。
     野の花はさすがに咲いていないわ・・と思ったとき、
       7、8年前八王子の知人に”冬いちご”の群生地に案内して
        いただいたのを思い出しました。
     
  何十年来の友で、花追いかけを共に趣味としているMrs.Aに、
  八王子の山里へ車で連れて行っていただきました。
e0029943_1845223.jpg

 冬いちご”が自生しているのは、杉林の陽があまり射さないところです。
 何年も前に訪れたところなので、実が成っているか多少の不安がありました。
 
e0029943_18481794.jpg

e0029943_18483737.jpg

  ありました、ありました! 薄暗い林のなかルビー色をした小さな実
  がたくさん地を這って輝いています。
e0029943_18514295.jpg

  写真を撮っていると、丁度山里の林を管理している方が通りかかり、
  珍しい植物を見せてくださいました。
  「冬のハナワラビ」です。わらびの種類です。
  夏、地上には姿を表わさず、冬、地上に出てきます。名前の由来は
  胞子葉が花の咲いたように美しく目立つことからきています。

  林を抜けた細い山道に石仏が点在していて、紅葉の葉に照らされた
  穏やかなお顔を拝むことができました。
e0029943_2053462.jpg

(画の上でクリックしていただくと画像が大きくなります)

  
  

  
[PR]
by yyhuko | 2005-12-02 21:04 |