日本民藝館

   1年近く会えなかった倉敷に住む義妹が上京してきました。
   駒場の日本民藝館へ一緒に行かない?とうれしいお誘い。
   夫の妹でありながら、夫よりも長いつきあいの義妹は
   親戚というより、親友の感覚・・・
   
e0029943_12234921.jpg

   
  「 日本民藝館は柳 宗悦氏が生活工芸の振興を目指す民芸運動の
   本拠として、大原三朗氏らと共に昭和11年に開館した」-パンフレットよりー

   6月25日まで 「柳 宗悦の蒐集」として、特別展示展が開催されています。

 
e0029943_12333334.jpg

   義妹によれば 柳 宗悦氏は一遍上人の彫刻に魅せられ、全国を
   歩いて 蒐集したそうな。 そのことで、無理がたたり、病に
   伏せている時に、版画で有名な 棟方志功 氏が毎日 版画に心歌を
   刷って病床に届けて 慰めたそうです。

   そして、この本を薦められました。 がんばって読んでみましょう。
   句会へ国立まで行く義妹と また会う約束をして 別れました。

   倉敷の民芸館も素晴らしいところで、何度か行きましたが、
   駒場は本拠地ですから、コレクションの数が違います。
   国内外の工芸品が一堂に並ぶさまは なかなかのものです。

   近所に前田公爵邸と公園もあり、 駒場は散策に良いところですよ。

   

   



   
e0029943_12524833.jpg

   長男とK子さんからは お花とショールが届きました。
    好きな色合いを選んでくれて うれしい♪
   私は2人の男子の母親ですから、あれっ!次男からは何もこない・・?
   (本当はこんな考え方は良くないのですよね。)
   夜、洗濯物を一杯持って  次男登場 「今日は母の日だったね。ごめんごめん!
   何もなくて・・」 少々 むくれていると、突然「連れてきたい人がいるのだ
   けれど・・・・」    プライスレスだけど  (^_^)ニコニコ
   
   84歳の母へ私からのプレゼントは「お出かけ券」
   前々から「カーネーションと品物は結構よ!」と言われて
   いるので、 気候の良い今の時期 近くで景色の良いところへ
   お供するのが 何よりの贈り物みたいです。 水曜日に実行しましょう。
[PR]
by yyhuko | 2006-05-15 13:06
<< 鳩山会館 5月12日 お茶と花 >>